歯周病治療

日本人が歯を失う原因の40%が歯周病です!

歯周病は日本人が歯を失う原因の40%程度を占めており、むし歯と同様に歯にとっては大変、厄介な病気です。むし歯も皆さんが病気として理解することが必要なのですが、歯周病の場合は、むし歯以上に病気だと理解することが大切です。それは何故かというと、むし歯場合は初期の段階でも歯がしみたり、歯に穴があいたりして気が付きやすいのに対し、歯周病の場合は、軽度から中等度ではほとんど症状がなく進行するので、自分ではなかなか気が付きにくいからです。

歯周病の治療 -完全に元には戻らない-

歯周病の治療はおおまかには診査・診断→治療→評価という流れで行われます。つまり、いろいろな検査から得られた情報をもとに治療計画が立てられ、それに沿って治療が進められます。ある程度治療が進んだところで、どのくらい効果があったかの評価診査をします。そこで健康な状態と判断されれば、メインテナンス(維持療法)に移行し、問題が残った場合にはさらに治療を継続し、時には治療計画を見直すこともあります。その場合も、最終的にはメインテナンスで健康を維持していくことになります。

治療の内容としては、歯周病の原因であるプラーク(歯垢=しこう)の除去、すなわち歯磨きが基本になります。他に生活習慣の見直し、スケーリング(歯石除去)、歯周ポケット内の清掃、かみ合わせの調整、外科手術などが症状の程度によって選択されます。

では、歯周病が治ったとは一体どのような状態なのでしょうか。一般的には病気から回復することを治癒(ちゆ)といいますが、歯周病の場合は少し話が違うようです。それは、歯周病の初期である歯肉炎を除けば、破壊された歯周組織が完全に元に戻ることはないからです。

歯周病の権威であるラタイチャーク氏の分類によって歯周治療のゴールを整理すると、「歯周ポケットがなくなる」「歯周組織のそれ以上の破壊を停止する」「炎症がなくなる」という状態が、現時点での「歯周病の治癒」と言えます。すべての歯が理想的な状態でメインテナンスに移れるとは限りませんが、この治癒の3条件に少しでも近づけるように歯周病治療は行われるわけです。

再生医療について

組織を再生させるためには、上の図に示すように3要素が必要とされています。歯周病は1965年までは原因の分からない、歯の周りの骨が溶けていく病気でした。1965年に口腔内の細菌が原因であることが証明され、その後20年にわたって細菌を減らすことだけが歯周病治療でした。しかし、一度失われた骨や歯肉を再生させることは、ほとんど不可能でした。1980年代になり、上の図の「③足場」を作ることによって、かなり骨などの歯周組織を再生できるようになりました。

1990年代には、エムドゲインという特殊なタンパク質を使った再生療法も可能になってきました。そして現在は、上の図の「②増殖因子」を使った再生療法もできるようになってきています。それは患者さん自身の末梢血を採血し、血小板を取り出し活性化してPRP(多血小板血漿)を作り、失われた歯周組織に戻すという方法です。すると、色々な増殖因子(サイトカイン)を放出して、より効率的に再生ができるという方法です。増殖因子に関しましては、近い将来大阪大学で開発中のFGF-2というサイトカインが日本で使用可能となりますので、より簡単に利用できるようになると思います。

さて、最後の「③細胞」ですが、現在のところ歯の周りの細胞を利用するしかないのですが、将来的には骨髄から採取した細胞を培養して利用できる時代がくると思われます。こちらの方は岡山大学で開発中ですが、FGF-2よりもさらに時間が必要と思われます。

ということで、現在当院で行っている歯周再生療法は「②増殖因子」と「③足場」を使った再生療法であり、場合によっては②と③を単独で使用したりしております。また、インプラントに関しましても、骨が不足している場合、骨を再生させるためには上記3要素が重要であり、「②増殖因子」と「③足場」を使えるということで効率の良い再生ができるということになります。

▲ページの先頭へ戻る